国際ツルセンターの後はいよいよ阿寒湖…なんてことはない。先に、以前から行きたくて行きたくてたまらなかったオンネトーへ行きました。まー天気が悪くて残念でしたが…。

気になる人は適当に探してみれば(Google画像検索)オンネトーの素晴らしい写真をたくさん見つけられると思います。

オンネトー
にっくき霧め!

晴れていればなぁ…
あぁ…本当に晴れていれば…。
私は想像する、青い空、青々とした木々、
それらを鏡のごとく映し出す湖面…orz

そういえばここは結構人が多かった。大型バスも入ってたし。あんま秘境って感じはしなかったかな~。天気のせいもあるだろうけど(そればっか…)

天気の悪さに大分がっかりしつつ阿寒湖へ向かいました。途中ペンケトーパンケトーを見ることが出来る双湖台というのがあるのですが、寄るだけ時間の無駄と思い素通りしました。

そういえばこの道中タンデム自転車に乗っているオランダ人親子を見ました。何でオランダ人て分かったかって?そりゃー国旗刺してたからだ。

阿寒湖周辺
阿寒湖周辺の土産物屋の並び。
人がいないと閑散として寂しい雰囲気さえしてくる…。

アイヌ部落
アイヌ部落のステージみたいなとこ。
ここでアイヌのイベントなんかをやってるみたいです。
俺は見られなかったけど…。

この周りはアイヌ関連の店オンリーだったかな。じっくり見て土産も欲しかったんだけど、如何せん時間が…。。。昼飯も食いたかったし。

昼飯はスープカレー
昼飯はスープカレー 木多郎
店内ではアイヌ音楽が流れてました。

アイヌ音楽って聞いたこと無かったんですが不思議な雰囲気でしたね。特に音が独特でした。

一度聞いたら忘れられないあの独特の音…後で調べて分かったことなのですが、ムックリというアイヌの民族楽器の音らしいです。こちらでムックリの演奏が聴けます。(YouTubeなんかでもそれらしいのがたくさん見つけられます。)

昼食後はちょっと散策。

変態キャラ
「きもかわいい」とかいうレベルじゃないよねこれ。

妹に土産を買っていったら間違いなくはり倒されるレベル。これにて阿寒湖周辺は終了。

次に向かったのはこの日の宿がある屈斜路湖周辺。行先は川湯温泉駅。ここはどうしても行きたかった駅。何故か?!そりゃ北へ。DD果鈴ルートの巡礼的な意味で…。

川湯温泉駅
駅外観。レトロな感じが良い良い。

足湯@川湯温泉駅
向かって右側には足湯がありという
非常に珍しい駅です。

オーチャードグラス
そしてこちらがこの駅に来た最大の理由。
オーチャードグラス

ここではレアチーズケーキ+コーヒーのセットを食べました。うまかったし、お店の雰囲気も中々に良かったでござる。ハヤシライスが美味しいらしいのですが、タイミング的な問題で「このときは」パス。まさかあんなことになるとは…w

ホームの様子
まったり休んだ後は駅を少し見学。

駅そのものは無人なんですが、オーチャードグラスがあったり観光案内の人がいたり、駅前は民家があったりとあまり無人駅らしくは無かったですね…。

駅を出ようとしたときに摩周湖に行くかどうか少し迷いました(予定では翌日でした)。「どうせ明日も天気が悪いし、そんな残念なものを見るためにわざわざ明日の貴重な時間を使うことは有るまい、なら今のうちに行ってしまった方が良いのではないか…。」と。

まぁ実際のところ霧の摩周湖というのもネタ的な意味で行っておくのは悪くないし、今から宿に向かってしまっては時間が早すぎる、という判断もあったからなんですけどね…。

PREV. INDEX NEXT