そしてこの日のある意味最終目的地である展望台(?)へと向かいました。

利尻富士
茜色に包まれる利尻富士。

利尻富士byVQ1015
利尻富士をVista Questで撮ってみた。
そしてクロスプロセス風に。

礼文島&利尻島
礼文島&利尻島。

どちらもいつか行ってみたい島です。いつか、きっと。「願っても無理かもしれないが、願わなければ絶対に無理だ」(うろ覚え)というロレンスの台詞を思い出しました。厨二臭いのは分かってるけど、そう思わずにはいられない魅力があるような気がします。

ここで一旦街歩きは休憩。ホテルに行って一服。良い感じに腹が減ってきたので飯屋を探しつつ街を徘徊しました。

夜の海
夜の海。日は沈んだけど、まだ若干明るさが残っている時間帯。
完全に暗くなるまで眺めていたかった…。

夜の北防波堤ドーム
ふらふらしているうちに再び北防波堤ドーム。
ライダーが奥の方でテントを張っていました。

誰がどう見たって絶好の野宿ポイントだよなぁ…と思っていたらなんと鹿が我が物顔で周囲をうろついていました。下手に食い物のゴミとかを周りにおいておくと危なそうだ…。車にも全く動じていなかったし、変に興奮させてしまってあの角で刺されたらリアルに人生アボーンするよ…。

夜の商店街
飯を探し求めてふらふら…ここは駅からほど近い商店街。
流石にこんな時間にはほとんどしまってました。

ここで地元の方としばしお喋り。今日はここまでどうやって来たか、明日はどう行くのか、俺はどこからきたのかとか駅前再開発についてとか…。まぁ、とりとめもなく。旅先のこういうコミュニケーションも良いもんです。

(飯的な意味で)何もなさそうだったので、ここで思い切って車で移動。で、稚内副港市場なるところへ行ってみました。銭湯+レストラン街みたいな感じの施設…と言えばなんとなくイメージが湧きますかね?

稚内副港市場
稚内副港市場内部にはこんなものが。

稚内ノスタルジー
ふむふむ、なかなか面白い。

ただな~、飯が俺の好みというか食いたいと思えるものが無かったので結局ホテル方面へ戻ることに。最終的にホテル近くの食堂っぽい店に入りました。

なんかそういうとすっごく妥協した結果に聞こえるでしょうが…いえいえ、これがまた凄かったんだ。

と!言うわけでこの食堂は是非に紹介しておきたい場所なのでちょっと語ります。その名もヴァンのとなり

「となり」ってなんだよ…って突っ込みも聞こえてきそうですが、実際にsteak house vinのお隣にあります。ヴァンというお店は…まぁウェブサイトのメニューを見ていただけば分かるかと思いますが、なんとも高級なステーキのお店。結構有名っぽいです。

「社畜2年生だから飯はケチらない」とか言っておきながら流石にこれはちょっと…というところで、店の雰囲気は滅茶苦茶良かったんですがスルーしてしまったのです。

で、いかにも「地元民が行きそうな食堂」っぽそうなとなりの店に入ったのです。探すのももう疲れたし、実際地元民っぽい人たちがそこそこ入っていたので、ある程度期待できるかな…という打算的な考えもありました。

で!俺はカツカレーを食ったんですが、なんかやたらめったらうまかった。空腹だったから、というレベルの話じゃありません。うまく表現は出来ませんが、敢えて言うなら「妙なうまさ」があったんですよ。カツはもちろん、カレー自体もうまかったし。

「な、なんだこの店…」と思って厨房を見やると、「食堂の厨房」には似つかわしくない(?)コック帽を被ったいかにも「シェフ」って感じの人が二人。更に混乱してきて、帰りに料金を払いながらまた厨房の中を覗いてみてようやくどういうからくりか理解できた…。

そう、この店はヴァンの姉妹店で、厨房が繋がっていたという…。

因みに、「ヴァンのとなり」ならヴァンレベルのステーキを少し安く食べられるそうです。とは言っても3800円ですけどね…。また行くことがあれば是非食ってみたい。

<<PREV. INDEX NEXT>>