前日に予約した車。良く予約取れたよな…というか、冬に、しかも網走でレンタカー借りる人なんてそんなにいないという事でしょう…。

日産・ティーダ
車は2台借りて、これはそのうちの1台、日産・ティーダ。

調べてみましたが、ティーダってもう生産終了していたのね…。良くも悪くも印象に残らない車でした。

借りた車でテストもかねてまずは近場の観光地、網走監獄へ。2009年にも行っていますが、あの時は夏場。様子はまるで違っていました。

網走監獄
網走監獄入り口。雪の積もり方が関東平野人からすると既にワケワカメ。

監獄巨大迷路
監獄敷地内に設置されていた監獄巨大迷路。Jailbreak的な。

迷路の難易度は、いい年こいたおっさんには易しいものではありましたが、滑りやすいという意味で体力的にはきついところがあった、というのが正直なところ。年はとりたくねーなぁ。いや、ホントw

そして、施設の中へ。

囚人用編み笠
囚人用の編み笠。外に出て労働するときなんかはこれを被っていたようです。

巨大ツララ
ロンギヌスの槍巨大ツララ。網走監獄のある建物から出たときに気づいたのですが、
マジででかすぎワロタwwwというレベル。

さむ~い雑居房
こちらは雑居房。寒いなんてレベルじゃねぇ。

この展示はどうしたって笑う
アッー!風呂場。この展示はどうしたって笑ってしまう。同行のBOYS♂には当然うけてました。

今更気づいたけど、「危険ですから入らないでください。」の意味は、「そういう」意味と捕らえるとかなり面白い(ヤメレ

一通り見終わった後は土産を見て、その後はいよいよ本格的な真冬の道東ドライブに突入しました。まずは国道244号線を海沿いに東へ。目指すは展望台を有する釧網本線の北浜駅です。

北浜駅展望台より
北浜駅展望台よりオホーツク海を望む。直接風が当たって、寒いのなんのってw
早朝の雪原ウォークのときより寒く感じました。風の威力恐るべし。

北浜駅を出て、次に向かったのは同じく釧網本線の川湯温泉駅。こちらも網走監獄や北浜駅と同様、2009年の旅行で立ち寄って気に入った駅です。お目当ては勿論、オーチャードグラスでのお食事。

久しぶりの川湯温泉駅
お久しぶりの川湯温泉駅。雪はしっかり下ろしているようですね。

川湯温泉駅前のお店
川湯温泉駅前にはこんなお店が出来ていました。
すっごいおいしそうなケーキが並んでいたオサレな喫茶店でした。

「森のホール」という名前だそうで、オーチャードグラスのウェブサイトで姉妹店として紹介されているお店です。次に行ったときには絶対に立ち寄るぜっ!

オーチャードグラスのステンドグラス
オーチャードグラスのステンドグラス。近くの屈斜路湖は白鳥の越冬地にもなっているだけあって象徴的で良いですね。

ところで、このステンドグラスの絵、見たとき「???」とやたら違和感があったのを覚えています。今にしてやっと違和感の原因が分かりました。

右側の黄色い鳥、これって白鳥の雛じゃないですよね。白鳥の雛はやっぱり白。黄色い白鳥っぽいの…と思って思い当たったのはアヒルの雛。それで「ああ、みにくいアヒルの子」かと思ったのですが、それも違う。

というのも、あの話はアヒルの雛の中に白鳥の雛が混じっていたというお話。だから逆なんですよね…。どういう意図があってこういう絵柄になっているのか分からない。今度行ったときに聞いてみようかな…でもこんな細かいこと知ってるかなぁ…。

ビーフシチュー
と、そのときはそんな違和感もほっぽりだして食事を楽しんでました。
こちらがオーチャードグラスのビーフシチュー。食すべし。

川湯温泉駅ホーム
で、食後は川湯温泉駅のホームなどの撮影タイム。
やはり、冬の北海道をローカル線で旅すべきと、思わないではない。

昼食後は、周辺の観光スポットを回りました。

<<PREV. INDEX NEXT>>