今住んでいるところから羽田へ行くのは初めてで、なんとなく新鮮な感じを味わえる行程でした。羽田には何回も行っているのですが、やっぱり順路が違うと印象も違う…気がします。

割と乗り換えも少ないルートだったので、楽だったし。

羽田空港
そして、いつも通りの羽田空港。ANA系列しか使わないから、第二ターミナルビルしか来たことがない。

飛び石とは言え、腐ってもGWだし混んでるだろうと予想していたので、預け入れ荷物にならないようにコンパクトにまとめておいたのですが…混んではいませんでしたね。ま、余計な時間がかからないという事に変わりは無いので、やっぱ手荷物にできるなら手荷物にまとめたいところ。

保安検査場をクリアして、ゲートに向かいました。

ソラシドエア
初、ソラシドエア。ボーイング737で、3+3配列でした。

こんな小さい(?)飛行機は実は国内旅行では初めてだったような…。エンジンがまん丸じゃなくて変形しているのに乗ったのは、記憶に無いです。

そんなこんなで、初の九州に向けてのフライト。

羽田から途中まで、天候は「まぁ悪くないかな」という状態だったのですが、鹿児島空港へのアプローチがそろそろ始まるな、というところで気流の乱れで機体が結構揺らされました。久々に内臓が「グワン」となる感じを味わえましたよw

鹿児島到着!
鹿児島到着。お疲れ様でした。

鹿児島の天気は、ご覧の通りのどんより雲。この時点では、まだ雨は降っていませんでしたので、まぁ悪くないかな、と。

車は、空港近くのレンタカー屋で借りました。空港から送迎の車が出ているのですが、このときは世の中的には微妙な日だったのか、我々2人しか送迎車に乗る人はいませんでした。ハイエースのでかい方だったので、ほとんど空気を運んでいたようなもんです。

借りた車は、マツダ・デミオ。まぁ、いつもの車って感じですね。


最初の目的地は指宿!鹿児島空港近くのIC(溝辺鹿児島空港)から九州自動車道に乗り、鹿児島市内は一旦通過し、更に南へ。暫く走行して、一休みに、と道の駅喜入に入りました…が。

道の駅・喜入からの景色
道の駅喜入からの景色。目の前は、ENEOS(JX日鉱日石)の石油基地。

「道の駅」というと、地場産の野菜が売っていたり、というのを想像していたのですが、どちらかというと温泉やら温泉プールがメインの道の駅っぽかったので、景色を眺めただけでスルーすることにしました(ぉ

その後は結局目的地までわき目も振らず一直線でした。


砂むし会館砂楽。天気がよければ、奥に見える小屋(?)の外でも楽しめるようなのですが、この日は小屋の中のみ。

道は渋滞してなかったどころか、そんなに混んでないし、砂むし風呂もそんなに混んでないかな…と思っていたのですが、そこはやはり全国区の砂むし風呂、駐車場は結構混んでいました。しかも、異常なまでの(?)レンタカー率。

俺は事前の下調べもそんなにしていなかったので、何をどうすれば良いのか分かっていませんでした。最初、下着を着たまま浴衣着てしまいましたからねw 嫁は昔来たことがあって、知っていたようなのですが。

素っ裸に浴衣を着て、上の写真の小屋(?)に行くと係員にこの辺に寝て~と案内されます。タオルを頭に巻いて寝転がると、係員が砂をBUKKAKEかけてくれます。砂はめっちゃ熱くて、俺は腰のあたりが痛いくらいの感じになりました。長くても10分くらいしか持たないよ…。

携帯とかカメラとか持っていくと、係員さんが写真撮ってくれました。砂だらけなので、防水・防塵モデルなら気になりませんが、そうでない場合はちょっと気をつけて持っていったほうが良いと思いますよ~。

砂をどけて、会館に戻ってシャワーを浴びて砂を落として終了です。


さて、砂むし風呂を楽しんだあとは、また温泉に向かいましたw

お次の温泉はたまて箱温泉ヘルシーラド。こらそこ、ヘ○スとか言わない(ぉ

たまて箱温泉ヘルシーランドは、露天風呂から開聞岳が見える、とても景観が良い温泉です。が、毎日男風呂と女風呂が入れ替わりで、片方しか開聞岳が見れないので(もう片方は岩山が見えてます)、行ったときの日によって景色が左右されます。我々が行ったときは…男性は岩山の方でしたorz

こちらの温泉はさっと入って出てしまいました。砂むし風呂に入っていなかったら、もっとゆっくりしていっても良かったんですけどね。


その後は、あることで有名で、昔から行ってみたかった「あの」駅へ向かいました。

JRの最南端の駅、西大山駅。
ででーん!こちらが「あの」JRの最南端の駅、西大山駅。このアングルは有名でしょう。

看板が二つ。
駅看板。JR最南端なだけあって、看板が二つ!(え?)

このあたりは、雨がぽつぽつ少しだけ降ってました。

開聞岳
西大山駅を後にして、知覧に向かう途中で。

中々良いアングルと思いますが、ずーっと砂浜だったらもっと良い景色なんですけどねぇ。日本全国、砂浜が少なくなっているそうで、寂しい限り。

この後は、まっすぐ知覧に向かいました。

INDEX NEXT>>