九州の旅 ~2014 GW~

前書き

私生活が大幅に変わって、中々更新できない日々が続きますが…細々とでも続けて生きたいと思っています。さて、これは2014年4月27日~5月3日の1週間という、俺にとっては一番長い(現時点では)国内旅行となった九州旅行の顛末記にございます。

さてさて、僕はこの旅行まで、九州は全くの未踏の地でした。僕の友人たちは結構九州に行っていて、種子島やら屋久島やら五島列島やらの離島にも行っていたのですが、僕は中々タイミングが合わなかったりで縁が無く、とうとう行ったことが無かったのでした。

そんな話をちらっと嫁にしたことがあって、それを覚えていたのか、4月中旬くらいにGWは九州に行こうと嫁が言い出しました。

案外急なことだったので、宿やら車やら、そもそも現地までの足(飛行機)も予約が取れるか心配でした。…が、全くの杞憂で、今年のGWは飛び石の休みだったこともあり、全く持って予約がとりにくいようなところはありませんでした。

天気は、前半は微妙、後半は良好でした。そりゃー1週間もの長い旅行ともなれば天気は変動するもんですが、ここぞ!というところで天気が微妙だったのは流石に悲しいものがありました。が、天気に恨みを言っても仕方ない。

全体を振り返ってみると、美味しいものは食べられたし、景色も良かったし、温泉は良かったし…と、かなり良い旅行だったと思います。


ところで、今回の旅行記は初めてのフィルム写真による旅行記となります。現像に出して、あがってきたらフイルムスキャンして…と、めっちゃ労力かかってます!(笑)フィルムの柔らかな質感がお伝えできたなら幸甚です。

因みに、カメラやらフィルムやらの体制は下記の通りでした。(興味ない方は読み飛ばしてくださいな)

カメラ① :Nikon New FM2
カメラ② :Nikon Nikomat FTn

レンズ① :Carl Zeiss Planar 1.4/50 T*
レンズ② :Ai Nikkor 28mm F2.8s

フィルム① :Fujifilm PRO400
フィルム② :Kodak Ektar100
フィルム③ :Kodak Portra800

こうしてみるとそうは思えないかもしれませんが、この機材リスト、俺にしてみると相当悩んだ結果なんですよねw いくら車移動が多いとは言え、機材は少なくしたいし、フィルムは選択肢が少なし(ぉ

カメラ本体は2台。片方に低感度のフィルムを、片方に高感度のフィルムをつめていきました。

また、レンズは2本だけ。普段は50mmばかり使っていますが、やはり旅行になると広角も欲しくなることが多いので、久しぶりに28mmも持って行きました。Voigtländerの20mmでも良かったんですが、そっちよりはNikkor 28mmの方が描写は綺麗だと思っているので(無難な写りとも言う?)w

ま、機材選びは楽しいですよね。フィルムも少ないとは言え、まだ選択肢があるだけマシかな…(悲)


では、本編へどうぞ。

目次

第1話 「九州初上陸!鹿児島!」
脱!九州童貞!鹿児島空港から、一路南下し、砂蒸し風呂やらJR最南端の駅へ。ポロリはないよ!
第2話 「鹿児島~知覧、天文館~」
知覧では武家屋敷を見て回って、天文館では名物を食す。
第3話 「火の国熊本へ」
鹿児島から、色々なスポットを巡りながら熊本県に入りました。
第4話 「危ない橋やら、引きこもり現場やら。」
熊本市内から、高千穂峡へ。道中、とても危険な橋がありました…。
第5話 「熊本から佐世保へ。」
この日は黒川温泉に宿泊。翌日の熊本の景色はなんとも…。
第6話 「有田から長崎へ」
有田の陶器市を見て周り、海辺ドライブで長崎へ。天気も非常に良く、ドライブ日和&夜景の撮影日和でした。
第7話 「地獄は危ない!」
お上公認の危ない地獄。そりゃ危ねぇよ。
第8話 「長崎新地中華街」
島原、雲仙から長崎に戻り、夕食は長崎新地中華街に向かいました。
第9話 「長崎さんぽ」
朝、長崎を散歩して回りました。
第10話 「九州滞在最後の日」
九州滞在最後の日。午前中は楽しく長崎市内を散歩。午後にはなんとまさかの…?

funページトップへ。
Studio Sunset トップへ。