すたじおさんせっと長野乗り鉄の旅

長野県内の乗り鉄の旅…前置きということで。

今年の夏は色々とばたばたしていたこともあり、8月中はほとんどどこにも行けなかったし遊びにも行けませんでした。 その上バイトがかなりきつくて…なんだか現実から逃げたくて逃げたくて仕方なくなり、とうとう金券ショップで青春18きっぷ3回分を購入し長野に行くことにしました。

目的地は結局松本やら木崎湖やらにすることにしたのですが、そのまま真っすぐ行って帰ってくるだけでは全く持って芸がないので、遠回りをしながら行くことにしました。 具体的には、東京から中央本線で小淵沢に行き、そこで小海線に乗り換えて小諸へ。 小諸からはしなの鉄道(第三セクター)に乗って篠ノ井〜長野と行き、そこから松本へ向かい、そこで一泊しました。
翌日は大糸線で海ノ口へ。徒歩で木崎湖周辺を撮影しつつ信濃木崎へ向かい、そこから松本へもどり、甲府でちょっと寄り道をしてから再び中央本線で東京へ向かう、というルートでした。

今回は一人旅でした。高校時代〜大学学部1年までは旅行と言えば専ら一人旅で、ここしばらくはずーっと友人らと旅行に行っていました。 なので本当に久しぶりだったのですが、やっぱり一人旅には一人旅の良さがあるなぁ…と実感しました。 勿論友達と行くのが悪いというわけではないし、その両者を比較することは単位が違う数字を比較するようなもの。 理系的な気持ち悪いたとえで申し訳ないですが、まぁ感覚的にはそんなものなのかな…と思います。

さて、前置きが長くなってしまいました。それでは旅行記本編に移りたいと思います。

目次

第壱話 「出発 〜中央本線・小海線〜」
中央本線で八王子から小淵沢へ、そこから小海線で小諸へ。
第弐話 「第三セクター 〜しなの鉄道〜」
小諸駅からはしなの鉄道で長野市へ…善光寺など。
第参話 「篠ノ井線 〜姨捨駅〜」
篠ノ井線に乗り、途中の姨捨駅にてしばし景色を楽しみました。
第肆話 「松本 〜雨の中で〜」
雨の降る松本、気合いで巡礼をする…。
第伍話 「大糸線 〜聖地へ〜」
おねがい☆ティーチャー、ツインズの聖地へ。
第陸話 「木崎湖 〜厳しい状況〜」
雨の中の聖地巡礼。もうここまでくると意地以外の何者でもない。
最終話 「雨止まぬ松本 〜旧制松本高校・中町通〜」
結局最後まで雨は止まず…。

※タイトルに深い意味はありません。


funページトップへ。
Studio Sunset トップへ。